卒業生紹介ページ
中村 大也
vol.03

初めてレッスンを受けたときの衝撃と感動は忘れられません

山口県警察本部 警務部 警務課兼総務課
山口県警察音楽隊 ユーフォニアム奏者

演奏学科 管弦打楽器専攻 ユーフォニアム
2016年3月卒業

中村 大也NAKAMURA Hiroya

山口県警察本部 警務部 警務課兼総務課
山口県警察音楽隊 ユーフォニアム奏者

演奏学科 管弦打楽器専攻 ユーフォニアム
2016年3月卒業

中村 大也NAKAMURA Hiroya

Interview

現在のお仕事について

現在のお仕事について

音楽隊員として訓練や出動(演奏派遣)などの業務と、警察職員としての業務を兼務しています。警察広報に関するイベント、定期演奏会、学校訪問コンサートなど、年間約80回の演奏活動を行い、交通事故防止などのメッセージを県民のみなさんへ呼びかけています。

現在のお仕事について

音楽隊員として訓練や出動(演奏派遣)などの業務と、警察職員としての業務を兼務しています。警察広報に関するイベント、定期演奏会、学校訪問コンサートなど、年間約80回の演奏活動を行い、交通事故防止などのメッセージを県民のみなさんへ呼びかけています。

私がエリザベトを選んだ理由

高校3年生のときエリザベトの先生にレッスンを受けたことで音大進学を意識するようになりました。当初は他の大学を考えていましたが、先生から「エリザベトには特別奨学生入試(※現在はソリスト奨学生入試)がある」と教えていただき、一生懸命準備してチャレンジしました。結果、学費免除の特別奨学生として入学することができました。

大学で学んだことは就職試験や現在の仕事に直結しています

山口県警察音楽隊の選考採用試験は、公務員試験や面接に加え、任意の楽曲演奏・初見演奏・音楽理論が課せられています。大学では、実技レッスンで楽器の演奏法を学ぶことはもちろん、音楽理論やソルフェージュなど、音楽の専門家として必要となる知識や経験を得ることができました。また、宗教音楽や教会での演奏などエリザベト独自の学びも含め、音楽に対する広い視野をもてたことは、就職試験のみならず音楽隊員として活動するうえでも活かされています。

高校生へのメッセージ

高校生へのメッセージ

私はエリザベトに進学して本当に良かったと思っています。エリザベトには、コンサートホールや練習施設をはじめ、学生が自分の目標を達成するため、夢を実現するために必要な環境が整っていると感じます。前述のとおり、高校3年生になってから音大進学を考えた私ですが、初めてレッスンを受けたときの衝撃と感動を原動力に、たくさんのことを学ぶことができたと思っています。その経験から、「音楽の道へ進むための準備に“遅すぎる”ということはない」と思っています。好きな音楽を追求したいと考えている高校生には、ぜひチャレンジしてほしいと思います。