卒業生紹介ページ
長谷川 丈瑠
vol.04

自分で生み出した作品を世に出し評価してもらえるということが、 作曲という仕事の醍醐味です。

一般社団法人 石見音楽文化振興会
ハイブリッド ウインド オーケストラ 作曲・編曲

音楽文化学科 音楽文化専修 作曲
2021年3月卒業

長谷川 丈瑠HASEGAWA Takeru

一般社団法人 石見音楽文化振興会
ハイブリッド ウインド オーケストラ 作曲・編曲

音楽文化学科 音楽文化専修 作曲
2021年3月卒業

長谷川 丈瑠HASEGAWA Takeru

Interview

現在のお仕事について

現在のお仕事について

現在のお仕事について

エリザベト音楽大学卒業後、石見音楽文化振興会に就職。ハイブリッド ウインド オーケストラの定期演奏会のような大きな本番から、街角での小さなコンサートまで、作曲・編曲の依頼を受けています。また、平日は市役所での勤務もあり、窓口や事務の仕事もしています。

私がエリザベトを選んだ理由

大学への進学について考えていたとき、エリザベト音楽大学ご出身で私が幼いころからピアノを習っていた先生から、エリザベトの話を伺いました。自分の進路として音楽大学を志望していたことと、その先生から勧めていただいたこともあり、エリザベトへの進学を決めました。

積極的に作曲・編曲の技法のヴァリエーションを増やしていきました

積極的に作曲・編曲の技法のヴァリエーションを増やしていきました

大学では、先生のレッスン以外にも、学生からの編曲依頼や委嘱作品(新曲の作曲)の依頼など、さまざまなタイプの作曲・編曲を多く引き受け、自分が使える技法のヴァリエーションを増やしていきました。完成した作品をレッスンに持っていき、先生と達成感を共有できたときのことは、忘れられない思い出として心に残っています。

高校生へのメッセージ

自分で生み出した作品を世に出し評価してもらえるということが、私の志した作曲という仕事の醍醐味です。いま現在、自分の将来のキャリア像を持っている人もそうでない人も、自分の選んだ進路を信じて、自分のやりたいことにチャレンジしてください。